www.dinocosta365.com

血圧が高くなると、合併症が起こる可能性も多くなってきます。 塩分の取りすぎや喫煙、アルコールの飲みすぎ、運動不足など要因は様々ですが、生活習慣を見直して予防を心がけることが大切です。 そのほか遺伝も要因の1つだとされていますので、家系に高血圧の人がいる場合は注意したいです。 実は私がこれに当てはまっています。 実家の父親が高血圧と診断され、病院に通院しながら薬を飲み続けていました。 東北だからかしょっぱいものを好んで食べることが多く、日常的な塩分の取りすぎが原因となったようですし、ほかにも煙草やお酒を毎晩欠かさなかったことも関係していたのでしょう。 薬を飲むのは簡単ですし、決められた量を守っていれば血圧値は正常に戻すことはできます。 しかし、やはり食事や嗜好品など長年の習慣を改めるのは難しく、変えるのに相当苦労していました。 そういう様子を見てきていますので、私は普段から塩分の摂取含め、生活習慣には気をつけるようにしています。 そうすれば高血圧を可能な限り予防できると思っているからです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.dinocosta365.com All Rights Reserved.